アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人

彫刻についての
お問い合わせは
こちらをご活用ください。
問い合わせフォーム

QRコード
QRCODE

2017年08月02日

兄、姉からの夏野菜

私は8人兄弟の5番目、長兄は子供の時死別したので現在7人皆元気です。
兄、姉3人が農作業をしていて 交代に送ってくれるのですが 量が多くて女房は処理が大変そうです。
でも、野菜好きの私としては そろそろあれが届くのではと待っています。
今年はきたあかりが多く男爵は数が少なかったです。(文句じゃ無いです)


玉ねぎは年間を通し良く使っています。


子供の頃にはザルいっぱい茹でて有り良く食べたものです。


1度に数多く届くとビン詰めにしたり 冷凍、コーンスープにして居ます


にんにくは1年を通し良く使っている様ですが 冬の鍋まで今年は持ちそうです。


新潟では普通ですが丸ナスです。揚げてから煮たり、和えたり夏独特です。


春作った ふきのとう味噌とか漬け物毎食出て来ます。


朝ベーコンと焼きチーズを乗せたり、昼のソーメンの付け合わせ飽きないですね。


私は、日本かぼちゃが好きで煮物で戴きますが、このカボチャはスープに成って出て来ます。

兄80歳、一番下の弟64歳、皆それぞれ今も忙しく働く事も出来るのが嬉しい事です。

  
Posted by 井浦勝雄 at 10:45Comments(0)食べ物