アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人

彫刻についての
お問い合わせは
こちらをご活用ください。
問い合わせフォーム

QRコード
QRCODE

2018年02月03日

京都 藤森神社で名刀「鶴丸」(写し)公開展示

 藤の森神社には 奉納刀として1800年の歴史の中で数多の刀剣が奉献されてきましたが、その中の一つに現御物である太刀・名物『鶴丸』が一時期、神前に奉献されていたと伝えられています。
「鶴丸」は、平安時代の刀工・国永により作られた日本刀で、現在は皇室の私有財産(御物)として宮内庁侍従職が管理をしています。
藤安将平刀匠は、古来から、刀工,刀剣界の夢「古刀再現=室町時代以前」に具体的に作刀を続けられている全国で初めての刀匠です。
1月20日より1年間 宝仏殿にて公開展示されております。
また『鶴丸』(写し)には『はばき』の部分に独自性を出していただいておりますので、そちらもお見逃しなく。
と云う事で私が「はばき」をお手伝いしました。












皆様の御手持ちのリール、時計、愛銃、ナイフ、ライター、電子たばこ等々彫る事が出来る物でしたら 
どの様な物にでも彫刻を致します。お問い合わせして下さい。
御用が有りましたら お問い合わせまで御連絡をお願い致します。
フェイスブック http://facebook.com/katsuo.iura




同じカテゴリー(作品)の記事画像
アラベスク模様のライター
ゴルフクラブにも彫りました
象嵌をした作品
時計に彫刻をすると
メッキ仕上げをした銃
ライオンを彫る
同じカテゴリー(作品)の記事
 アラベスク模様のライター (2018-02-22 10:10)
 ゴルフクラブにも彫りました (2018-02-18 10:00)
 象嵌をした作品 (2018-02-14 10:00)
 時計に彫刻をすると (2018-02-10 10:00)
 メッキ仕上げをした銃 (2018-02-06 10:00)
 ライオンを彫る (2018-01-31 10:00)
Posted by 井浦勝雄 at 10:28│Comments(0)作品
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。